ほうかいのじゅもん

写真を中心に、その他趣味のことなど、気ままに綴るブログです。

梅見頃


おっ、咲いてる咲いてる。


先月半ばに撮影した梅がとても良かったので、先週末、また別の場所にカメラを持って出向きました。
今回行ったのは、府中市郷土の森博物館というところ。「博物館」という名前ですが、とても大きな庭の方がむしろメインで、広い面積の梅園があります。入館料(入園料)は大人300円。

ひとつ注意が必要なのは、近所に府中の森公園という似た名前の別の公園があること。最寄駅の府中本町駅から正反対の方向なので、間違えると悲惨なことになります。



府中市郷土の森博物館公式サイトより引用)
ちなみに、訪れた先週日曜日時点で、園内の梅開花状況はこちらのようでした。
散り始めの木もあるものの、全体的に見頃という感じ!ということで足を運ぶことに。




冒頭の写真の階段を上がったところに、梅園が広がっています。
よく晴れた日曜日だったこともあり、開館時間の9時でもそこそこの人がいました。カメラ持参の人も多かったです。
ピンクと白でくっきりとコントラストが作られるのも魅力的。青空ともよくマッチしていました!
梅の木は、花が満開であっても桜のようにブワァァァとはならないのがワビサビ…でしょうかね。いくらか枝が間引かれているのかもしれません。写真的には、梅園のように木が多く植えられた場所でないと、引きで撮ったときに少し寂しくなってしまいがちなのが泣き所かな。




さて、梅といえば鳥(なわけではない)。
前回行った隅田公園ではメジロと梅のツーショットを撮ることができましたが、今回も鳥さんがせわしなく梅の花を突いていました。それはもう、「いまキミ、それはさすがに突き過ぎなんじゃないかね?」と説教したくなるくらいに。
今回いらっしゃったのは、調べたところシジュウカラという種のようです。かわいいですね。

しかし今回は、なかなかレンズで鳥を捉えることができず、撮影には難儀してしまいました…。うまい具合に花が密集しているあたりにも来てくれず。前回は比較的たくさんメジロを撮ることができたのですが、ビギナーズラックだったのかもしれません。





で、これは公園内で唐突に現れたティラノサウルス





…本当に何の脈絡もなくティラノサウルスが出現したりしますが、「府中市郷土の森博物館」、広くて密も避けられ、良い場所でした。
入園料がかかりますが大人でも300円とお安いので、家族連れで遊びに来ている方も多いようでした。今のご時世では珍しく、水遊びできる広場もありましたしね。





てなわけで、晴れた日に良い梅見でした。
関東ではもうそろそろ梅の見頃も終わり、再来週あたりから桜が咲き始めるとか。
何かにつけて、春の訪れを感じる今日この頃です。(ただしスギ花粉、お前は帰れ


Photo Info